本文へスキップ

ベル動物病院 bell caféは

電話でのお問い合わせは075-982-8192

メールでのお問い合わせはこちら

施設&設備

定休日
年末年始・お盆・木曜日

診察受付時間
AM9:00~PM12:00
PM5:00~PM7:30

自動血球計算装置検査センター品質
のCBC(完全血球計算)を、
わずか2分で院内検査できます。
一台で、院内スクリーニング検査の幅を大きく広げます。 IDEXX SDMAを含む血液化学スクリーニング検査セット。

欧米をはじめ世界の動物病院で
スクリーニング検査のスタンダードと
されている項目を経済的かつ効率的に測定できます。


蛋白尿の正確な評価に有用なUPCや甲状腺機能の評価に有用なT4など、特殊検査項目もこの一台で測定可能です。

複数の検査項目を一つにまとめた試薬クリップで、作業時間・飼い主様の待ち時間を短縮します。
  約10分でコルチゾール
(副腎皮質ホルモン)と
T4(甲状腺ホルモン)の測定が
院内で診断可能です。
犬に多いクッシング症候群や
甲状腺機能低下症、
猫の甲状腺機能亢進症、
肝臓の機能の指標になる
総胆汁酸(TBA)も測定できます。
犬のTSH(甲状腺刺激ホルモン)も測定できるようになりました。
  最新の技術をペット手術にDVL-20は最大20Wの出力を有するコンパクトで軽量なレーザーです。

ダメージが少なく傷の治りが早い手術
痛みや炎症を抑える治療

「光とICG修飾リポソームを用いた
次世代がん治療・
「鳥取大学農学部」
「光免疫誘導療法」
の治験も行っています

  • 抗がん剤の副作用が小さい治療法
  • がんや炎症だけにピンポイントで作用する
  • 鳥取大学と提携して研究段階の治療法

どんな治療法なの?

 抗がん剤の量が少なくて済み、抗がん剤による副作用が少ない、新しいがん治療です。麻酔は必要ありません。抗がん剤療法と、レーザー治療の「良いとこ取り」した治療法です。
 極々小さいナノメートルサイズの「リポソーム」に、通常の1/10の濃度の抗がん剤を入れて、点滴で投与します。すると、がんの場所にだけリポソームが集まり、がんにだけ抗がん剤が作用する、という治療法です。また、レーザーを腫瘍に照射することでがん縮小効果や痛みをやわらげる効果があるとともに、リポソームがより効果を発揮します。

リポソームってなに?

 肉眼には見えないほど小さな気泡のようなもので、細胞膜の主要成分であるリン脂質でできた球体です。大きさはナノメートル(100万分の1ミリメートル)サイズで、カプセルのように中に薬剤を入れられます。
 この治療法では、複数の抗がん剤をリポソームに内包します。抗がん剤を含まずに抗炎症剤を封入することも可能です。がん細胞に対してピンポイントで作用するため、通常の抗がん剤治療で使われる量の1/10で済み、抗がん剤による副作用が抑えられます。次に説明するEPR効果により、長期間腫瘍にリポソームが留まり、長く効果を発揮します。

何故リポソームは腫瘍だけに効くの?

 リポソームを静脈点滴で投与すると、全身の血管を巡ってから腫瘍細胞に蓄積されていきます。腫瘍細胞につながる血管の壁は、通常の血管に比べて不均一で、通常血管壁から入り込まない大きさの物質が、腫瘍には入り込みやすくなっています。これをEPR効果(Enhanced permeation and retention effect)と言います。
 リポソームの大きさを腫瘍に入り込みやすい大きさに調整し、腫瘍だけに長期間抗がん剤が作用する、といった治療方法です。

リポソームって、理科に出てくるリボソームのこと?

 違うものです。
 リボソーム(Ribosome・ライボソーム)は、すべての細胞の中に含まれる小顆粒です。細胞の中で、タンパク質を合成する役割を持っています。大きさは20nm(ナノメートル)ほどです。
 一方リポソーム(Liposome)は、上記で説明したとおりリン脂質二重構造からなる球体のカプセル状の粒のことです。大きさは作成方法によって異なり、小さいものでは50nmから大きいもので500nm以上にもなります。用途に応じて大きさを調整します。リポソームの中にはいろいろな薬剤を内包することができ、様々な医療技術に応用されています。

ICGってなに?

 ICGとは、シンドシアニングリーンという緑色の色素の略称です。ICGはいくつかの特殊な効果を持つ色素で、様々な医療現場で活用されています。その特長のひとつに「レーザー光を吸収しやすい」という性質があります。腫瘍にICGを注射し、レーザーを照射すると、腫瘍が苦手とする熱が発せられるとともに、一重項酸素が発生し、腫瘍細胞を死滅する効果がわかっています。

 今回の治療で用いるリポソームには、特殊な技術でICG分子を結びつけています。通常ICGを点滴で投与すると肝臓で代謝され、数日で便から排出されてしまいます。リポソームにICGを結びつけることにより、ICGで修飾されたリポソーム(ICG-Lip)は3週間腫瘍細胞の中に留まり、800nmの波長のレーザーを、できれば毎日、最低週3回当てることで、リポソームに内包された抗がん剤と、ICGとレーザー光との反応により、相乗効果で効果的に腫瘍をやっつけることができます。

治療にどのくらい日数がかかるの?

 現在は、3週間を1クールとして、深在性の腫瘍なら3週間に1回、表在性の腫瘍なら週に1回(1クールで3回)、静脈点滴します。表在性の腫瘍なら、投与するICG-Lipの一部を腫瘍に直接局所注射することもあります。
 点滴で投与後は、毎日ないし週3回、腫瘍に向けてレーザー照射をします。レーザー光は直進しますが、体組織に照射すると奥の方まで拡散する性質を持つので、肺や肝臓など体の内部にある患部にも作用します。
 1クールごと終了後に獣医が効果測定を行い、次のクールを始めるかどうか判断します。平均して4,5クールの治療を繰り返すと効果が明らかに見えてきます。

 研究段階のため、日々新しいことが発見されています。現在では、ICG修飾リポソーム治療は、免疫力と深い関わりがあるということがわかっています。遺伝子操作により免疫力が失われたマウス(ヌードマウス)にがんを移植し、ICG-LIPOを投与しレーザー治療を行ったところ、腫瘍の縮小は見られませんでした。一方、通常の免疫力をもったマウスにICG-LIPOを投与した場合は、縮小が見られたとのことです。
 つまり、ICG-LIPOは自己の免疫力を増強させることで、がんを縮小する効果が得られている、ということです。患者さんの免疫力なくしては治療の効果が得にくいということです。

 当院においては免疫賦活として丸山ワクチン療法を併用しております。

どんな腫瘍に効くの?

 まだ研究段階ではありますが、下記の腫瘍によい成績を収めています。

  • 扁平上皮癌
  • 肥満細胞腫
  • 移行上皮癌
  • 鼻腔内腫瘍(リンパ腫)
  • 肝細胞癌

 上に記載のない腫瘍についても効果が期待できるものはありますし、また研究成果が少なく効果があるデータが十分でないものもあります。適応症例かどうかについては、当院までお問い合わせください。

   US-デジタル超音波診断装置
Apron EUB-7000HV
   デジタル顕微鏡
(島津理化製)
ジェネレーターGEN11は超音波凝固切開装置(ハーモニック)とバイポーラシーリングシステム(エンシール)の両方が装備された機器です。

今回のジェネレーターGEN11はハーモニック機能が加わった為、より組織にダメージを加えることなく、手術が可能になりました。
縫合糸をお腹の中に残さない手術です
   体脂肪計
   マイクロチップリーダー
   オサダメディカル(電気メス)エレクトロサージェリーES-2
   犬猫専用自動血圧計
Pettrust plus(ペトラスプラス)
   内視鏡
   動物用人工呼吸器
   動物用全身麻酔器
   酸素濃縮器
   体温計




ショップ情報

ベル動物病院 bell café

〒6148367
京都府八幡市男山長沢14-3
TEL.075-982-8192
FAX.075-982-8192
bellcafe%hotmail.co.jp
%を@のは自動で行います。普通にクリックして送信して下さい。