サケジャーキー  b-t-29

サケはオキアミやエビなどをエサとして食べ、それらが含む
赤橙色の色素、アスタキサンチンを体内に蓄える。
アスタキサンチンはニンジンなどの緑黄色野菜が多く含む
ベーターカロチンと同じカロチノイド系色素の1つ。
サケ以外でもタイやキンメダイ、カニの甲羅にも含まれるが、
サケほど多く含む魚はいない。
アスタキサンチンはメスの場合、産卵期になると卵巣に移行し、
スジコやイクラにも多い。
アスタキサンチンは活性酸素を除去し、動脈硬化を防ぐ。
ポリフェノールではないが、働きは似ている。
毒性の強い一重項酸素の酸化反応には、ビタミンEや
ベーターカロチンより格段に強い抗酸化力を発揮するという。
紅サケの切り身1切れと同じ抗酸化力を得るには、ビタミンEの
豊富なアーモンドを1.1kgも食べる必要があるそうだ。
サバやマイワシよりは少ないが、血液をサラサラにして、
血管の若返りに役立つ
ドコサヘキサエン酸(DHA)
エイコサペンタエン酸(EPA)
という2つの脂肪酸も豊富。
そのほか、良質なタンパク質、カルシウムの有効活用に
必須の
ビタミンD、貧血を防ぐビタミンB12、葉酸、
皮膚炎を防ぐナイアシンも含む。
販売価格
50g  550円
500g 5000円
どさんこ 鮭の切り身

原材料 サケ
粗蛋白質 60.0%
粗脂肪 3.0%
粗繊維 0.1%
粗灰分 8.0%
水分 20.0%
内容量 50g
原産国 北海道

不思議な事に日本のサケは海外に高級品で輸出され
安い海外物が日本の食卓に・・・日本産のサケは貴重です